Our team members

東北テントのスタッフをご紹介いたします。若さあふれ、努力と専門知識で皆様を支えていきます。

  • 穐元 清
    穐元 清
    営業部長

    イベント命の頑張り屋。営業を統括し、設計管理から施工管理までこなし、成功に導く努力を惜しみません。

  • 吉成 剛
    吉成 剛
    営業1課 課長 

    YB・YB関連担当。営業の第一線で、飛び回っています。気さくな性格です。お気軽に声をかけてください。

  • 伊藤 友貴
    伊藤 友貴
    営業3課 係長

    テント・工事を担当しています。常に現場を気遣い、仕事の進捗を管理しています。

  • 服部 俊彦
    服部 俊彦
    企画・デザイン室 室長

    デザインを担当します。営業補佐としてお客様と直接打ち合わせも行ないます。

  • 松田 まな美
    松田 まな美
    松田 まな美
    制作担当

    デザインから施工まで、安心して任せることが出来ます。

  • 真壁 健一
    真壁 健一
    営業・製作主任

    お客様との打ち合せから、製作で徹夜することまで、全て人任せにしない性格です。

  • 木村 圭吾
    木村 圭吾
    営業・製作主任

    テントやイベントのプロ。確実な仕事から、より完成度の高い仕事へとステップアップ中。

東北テントのポリシー

東北テントのモノ作りは、広範囲に渡っています。施工だけでなくスタート段階からサポートいたします。

  • テント倉庫
    看板に偽り有りは困りもの
    光とガラス 建物全てをオブジェ化

    1:「店を発見してもらう確率」。繁盛店を作る秘訣はリピーターの確保ですが。そのためには常に新規顧客を獲得する必用が有ります。目的意識のある人たちはインターネットなどで自発的に店舗を探す努力をしていますが、不特定多数に広くアピールする為には看板が有効です。立地条件に安心していては新規顧客の増加は得られません。
    2:「魅力を感じてもらう確率」。店の特徴やアピールポイントを、わかりやすく瞬時に伝えることがポイント。看板を一目見ただけで、そこがどういう店なのかがパッと伝わらないとが必用です。店側が自分たちの「ショップ・アイデンティティ」を再確認し、コンセプトに合った看板デザインを的確に作ることが大切です。

    3:「お客様を誘導して実際に入ってもらう確率」。お店の前まで来ても、結局は入らずに通り過ぎてしまう店には、いくつか共通の理由があります。「看板で誘導されたが店頭に価格表示が出ていなかったり、店頭が暗かったりと、お客様を不安にさせる場合です。つまり「看板に偽り有り」と感じさせないように、店舗もイメージを合わせることです。

    Read more link

  • テント倉庫
    展示会後が肝心です。
    郡山の農業・観光物産展

    展示会に出展すること。その目的は、自社製品(サービス)のPR、新規顧客の獲得、既存顧客への対応等いろいろとありますが、その根本は「集客」ということがベースとなっています。

    ブースを設営する会社、デザインする会社等いろいろとありますが、お客様のブースをデザインする以上、その集客を実現できなければ、失格だと思っています。どんなに安くブースを作っても、作っておしまいではいけない。どんなにデザイン的に優れたブースを考えても、綺麗なだけで集まらなければだめ。

    私たちは常にこのことを自分に言い聞かせながらブースを考えています。そして、基本的な方針として、デザインの良さと集客を「両立させること」を、目標にデザインを考えるようにしています。

    これらを両立し、満足のいくブースが出来た時と、展示会終了後のお客様の笑顔が見られます。

    展示会後には、頑張ってアポイント取得を行っても、成果が見られないとだんだんと意欲が薄れていきます。お客様のタイミングに合わせて電話することは不可能ですから、お客様が気が向いたとHPで新製品などをチェックしても必ず新製品が表示されるようにしたいものです。

    Read more link

  • テント倉庫
    イベントの成果をあげる
    新車発表会

    イベントによって、来場者との関係づくりを成功させるには、準備段階から当日、そして事後のフォローまでの、一気通貫したストーリー設計が必要です。「こんな企画が面白い」「各部門の意見の集約」という主催者目線で、企画し告知をかけても、参加者の意欲を刺激することはできません。

    まずは、イベントも目的から「参加者目線で考えた企画」が必用ですし。「人は忘れる」という前提から参加者に刺激を与える告知タイミングを計算する必要もあります。そこから逆算して、主催者内の意見調整や企画・決定をおこなう発想が必要です。東北テントでは、こうしたイベントの準備段階から、事後のフォローまでの進行のノウハウをご提供しています。特にフォローの徹底は見落としがちで、少しの工夫で次に繋がる大きな成果を得ることが出来ます。

    Read more link

展示会に出展するのなら、知っておくべき 3 つの基本ポイント

展示会出展を成功させるためには、知っておかなければならない重要なポイントが3つあります。

1. 展示会来場者の目的と展示会の活用方法

2. 展示会の最終日がゴールではない

3. 展示会出展において重要な専門外部協力企業の選択

 少なくともこの 3 つのポイントだけは、しっかりと認識して展示会出展に向けて準備を始めなければなりません。

1. 展示会来場者の目的と展示会の活用方法

1. 展示会来場者の目的と展示会の活用方法

展示会は、見つけることも、もちろん会うことも簡単にはできない貴社の潜在顧客それもキーマンが多数向こうから出向いてくれる貴重な顧客獲得機会です。
展示会は、インターネット時代でも来場者にとって重要な本物の情報収集機会です。展示会を活用するということは、わざわざ向こうから会場へ出向いてくれた潜在顧客のキーマンとより多く出会うということなのです。展示会出展にあたっては、より多くの来場者と出会う(貴社を認知させる、できれば名刺情報を獲得する)ための努力と工夫、そして十分な準備が必要になるのです。

しかし展示会場で製品・技術・サービスを認知させることができても、認知がすぐにニーズとはならないのです。展示会に出展するのであれば、準備段階で「出展する展示会の特性と来場者の目的」を考え、展示会場で何を目標とするべきかを考え、情報収集目的の資料請求者に対する展示会後の対応と競合企業との差別化まで考えた上で、最終的な目標を達成するための準備をする必要があるのです。

2. 展示会の最終日がゴールではない

2. 展示会の最終日がゴールではない

展示会出展に際して忘れてはならない重要なポイントが、展示会最終日がゴールではなく、展示会において獲得した見込顧客への営業活動(見込顧客 フォロー)のスタートであるということです。

しかし、展示会終了後から営業案件獲得のための最も難しい工程がはじまるのです。展示会で獲得した見込顧客は、会場で名刺交換できた有望な見込顧客であっても、当然競合企業のブースでも話を聞いているのです。展示会場から顧客を獲得するための競合企業との競争が始まっているのです。

さらに、「展示会の時点では具体的なニーズが無く、情報収集のために貴社へ資料を請求した資料請求者」に対して、適切なフォローアップを実施しなければなりません。

展示会出展に求められる結果とは、「営業案件の獲得」と最終的な「新規顧客の獲得」です。

3. 展示会出展において重要な専門外部協力企業の選択

3. 展示会出展において重要な専門外部協力企業の選択

展示会に出展するとなると、ブース施工・装飾を先ず考えます。

しかし、展示会出展のたびに「ブース施工・装飾」の数社コンペを実施しても、大多数のブース施工専門会社は請け負った仕事(ブースの施工・装飾)以外に、貴社の展示会出展の最終目的を達成するための有効な提案をしてくれるブース施工会社を選択すべきです。優秀なブース施工会社は、貴社から提示されたコンセプトを最大限反映させ、さらに、経験によった展示会のノウハウも提供してくれるでしょう。

より有効なプロモーションの実施とは、最終目的を目標にし無ければなりません。来場者目線でものを考えることが重要になってきます。

LINK

展示会場情報やテントメーかーの情報ページへのリンクです。

東北テントは、幅広い領域をカバーするクリエイティブ集団です。

テントはもちろんのこと、展示会やイベントなどの大きな仕事から、インテリアのリフォームや結婚式場のリニューアル、効果的な看板デザイン・施工までも行っています。お気軽にご相談ください。

光を効果的に使用した演出

ダイナミックで美しく。音楽とのフュージョン。光が綾なす幻想的な時間。綿密に計算さてたショーの設計と運営を東北テントが実現しました。

柔らかな日差しが幸せを感じさせます。

テントは。日差しを遮るだけではありません。その表情豊かな影が紡ぎだす、数々のシーンに注目が集まっています。クラシックからアール・ヌーボー、モダンまで、デザインのバリエーションも私達の得意とするところです。

高い耐久性と設置・撤去の簡便さがポイント。

倉庫でお困りではありませんか。特に一時的な利用の場合など、建築するほどコストは掛けたくない場合があります。テントの耐久性をご存知でしょうか。設営が簡単で、耐久性も十分にあります。撤去も素早く行えるのでコストの心配もありません。

20
屋外イベント
18
屋内イベント
27
式典
124
テント関連
76
インテリア関連

私達の実績の一部を、ホームページでご覧いただけます。

東北テントは、数々のイベントや展示会を経験し、多くのノウハウを積み上げてきました。

きっとご満足いただける仕事ができると確信いたしております。お気軽にご相談ください。

下記メールフォームにご記入の上、送信確認のチェックを入れてから送信してください。

  • テント倉庫

    お問い合わせにつきまして

    メールでのお問い合わせの場合、回答までに2,3日のお時間を頂く場合が御座います。
    お急ぎの場合は、会社の総合受付の方にお電話下さい。
    具体的に説明して頂きますと、より的確に回答することが出来るかと思います。
    金額等見積もりに関わるような内容については、メールでは回答することが出来ません。ご了承ください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

【メッセージの確認】
お問い合わせの内容はこちらで宜しいですか。
よろしければチェックいただき送信ボタンをクリックしてください。